30代半ばで5千万円の頭金を出した我々夫婦の【思考のクセ】と【行動の具体的】について。


スポンサーリンク



30代の中盤で7,500万円の家を買いました。

夫婦で5,000万円の頭金をだし、

残りは義理母と金銭貸借契約を結び、現在も返済中です。
(あと5~6年で完済予定で、現在の金融資産は充当しません)


過去記事:


貯金をガッツリするには、

A:お金の入口を広げる 

B:お金の出口を狭める

この徹底がもっとも確実な手段です。


頭金5千万円を30代半ばで出せたということは、

多分その時点でそれ以上の金融資産があったのだと思います。

(手元資金の額の記憶が飛んでる・・)



以下は、お金を貯めるために、我々がとってきた方法です。


779DE0D6-FF69-4856-9E56-9E96EE52755E.jpg
ガーデニングは、結構すきです。





①実家から通えるならば、出来る限り通ってお金を貯める


1人暮らしは楽しそうです。私も憧れたものですが、

高い家賃は賃貸オーナーを儲けさせるだけ。


結婚まで実家にいたせいで、趣味のゴルフや旅行でお金を使ったわりに

貯金が出来ていました、


うちの主人の場合、職場の場所によっては、実家から通っていました。


地方出身でお子さんを都市部の大学に通わせるケースの場合、

親御さんの仕送りは、子供が就職した時点で終了しますが、

そのあとの家賃などの出費は、地元で就職しない限り、

その子供達が引き継ぐことになってしまいます。



7,500万円の住宅費用は、東京やその近郊では特に高いものではありません。

子供の代まで考えれば、むしろコスパが良いと思っています。




②女であることに逃げず、ガンガンに働く


稼げる男をつかまえてラクすることは、女の永遠の憧れかもしれません。

それは、自分自身を磨くことで、オマケでついてくる可能性があります。


バブル崩壊後の就職氷河期は、女子の採用枠が凍結されたり、コネ入社のみ、

そんな時代だったので、

一流大学であることのメリットは、男子学生に限られていました。


文句を言ってもしょうがないので、難関資格を取ることで、

解決の糸口を図りましたが、これが出来たのもやはり、一流大学に入るための

受験勉強のキツさに耐えてきたことで、人一倍、困難への耐性があったからです。


ですが、その後転職した先は、

ひと月の残業時間が100時間とか。

夜中の3時まで働いて、タクシー帰りで、家で仮眠して、10時に出勤。

ここまでやると、残業手当が基本給を優に超えます。



過去記事:







スポンサーリンク


③ 自動車を手放す

うちの旦那は、結婚と同時に自動車を手放しました。

維持費用がかかる、そんな理由からでした。

二人ともガンガンに働くため、立地のよい場所の賃貸暮らしだったので、

駐車場代金がバカにならないからです。

その後、子供が生まれるまで、自動車なしの生活をしていました。


車がなく、不便に感じたことは、確かにあります。


今でいうとこのミニマリスト的生活で、

行動範囲を狭めることで、

つまらないし、不便だけど、お金はたまる、というライフスタイルでした。


その時考えていたことは、現在とそう変わらず、

「この先、何が起こるか分からないから、取りあえずお金を貯めておこう」

生活を楽しむことよりも、貯金することを優先していたのです。



④ 借家はUR賃貸で金銭トラブルを防ぐ

現在の家に住む前、3か所の、いずれもオンボロ賃貸に住んでいました。

そのうちの2か所はUR賃貸です。


URのメリットは、礼金がなく、退去時に現状維持のお金がたいていの場合、

かからない点です。


残りの1カ所は民間の賃貸ですが、退去する際に、敷金を(勝手に?)

次の入居者用の、定例の住居クリーニング代に充てられてしまいました。

(かなりキレイに使用していたのですが)



よく、「賃貸」と「持ち家」のどちらが得か?

みたいな議論がありますが・・少子化の影響とかを除けば、

ある程度の立地の賃貸って、オーナーの利益がカッツリ入っているから、

普通に考えて「賃貸が得する」って、難しいと思います。



持ち家を買うタイミングは、その時の不動産景気の影響が大きいので

そのタイミングを調整するための調整弁として「賃貸」を利用すれば

得はしないけど、大きく損しない、ってだけのような気がします。


ただ、田舎の土地や駅から遠い箇所で不動産オーナーで儲けようとする場合、

オーナーの方が経済的リスクをかなり被ると聞いているので、

そのような物件の賃貸だったら、お得なのかもしれません。






にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~





スポンサーリンク