わが家の本音の【大学の基準】⇒ 塾の先生「お子さんはどこの中学を志望していますか?」 私「両親の大学にフツーに進学できる中学を。」


スポンサーリンク



女の子の教育について。

おそらく最近の父親目線は、以下のように二極化している。



A:女の子だから、女子大とかでいいんじゃない?という、昭和のお父さんパターン

B:女の子だからこそ、これからの時代はよい大学を、といういまどきのお父さんパターン。






上記の考えは、嫁さんのスペックの影響もあるかもしれない。

うちの旦那は、完全に Bパターン。

世の中に大学は数多くあれど、彼の中での大学は限られている・・


以下は夫婦の会話です。


聞く人によっては気分を害されるかも知れません。


子供に求める大学の基準は「両親の出身大学」がベースになる、

そのような「植えつけられた意識の根深さ」 を実感する事例です。


我々は、自分たちの場合と、他人との場合と完全に線を引いていて、

子供に適用する基準は前者になります。

我々と同様の経歴の人は多分、似たような意識を持つのでは、と思います。


親は子供の教育に全面的に責任がある立場にいると思っていて、

学習ノウハウを知っているのに伝えないことは、親の怠慢とすら感じるのです。


大学のレベルは、なにも肩書にとどまりません。


良い大学の生徒は、とにかく辛抱強さと行動力の次元が違い、

その結果、何をやらせてもレベルが高いです。


体育大学の推薦を蹴って来た子もいました(彼女は結局、私と同業者になった)


大学入学して、英語の専攻でもなく海外生活の経験もないのに、

英検準1級は普通に持っている。(彼らの中で「英語ができる」は英検1級以上)

そういった実力者ぞろいなので、

そのフツーに合わせる環境にいることで、

実質的な意味で自分を高めることにもなるのですから。

そう、一流大学を目指す意味は在学中はもちろんのこと、その前後において

「自分の能力を最大限に磨ける環境」を買うこと なのです。




① プリ子「ポポ子(娘)がさ。青学とか行ったら、どう思う?」(青学は通学に便利)

  旦那「はぁ?」



② プリ子「ポポ子、ポンジョ(日本女子大)は?」(中高附属が通学に便利)

  旦那「冗談じゃねーよ!」(キレる)



旦那は、津田塾(義理弟嫁さんの最初に入学した大学)すらも、バカにする。


無理もない…


旦那は大学受験は全戦全勝。

滑り止め(第4志望くらい)が上智大だったくらいなので。


興味深いのは、当時防衛省に勤務していた義理父の命令で、

横須賀の防衛大学をお試し受験(試験が秋くらいで、模試感覚の冷やかし受験が多い)

させられたのだが・・・受験が終了し、何か月か経った後、


防衛大学の事務局

「もしもし。お宅のお子さんですが、当校への入学はなさらないのでしょうか・・?」

義理母

「あの~ P大学に進学することになったので・・・」


このようなやりとりがあったらしい。義弟2号も、義弟3号も、父親の命令で

防衛大学を受験したのだが、このような電話があったのは長男のみだったので

推測だが、入試の成績がおそらくトップだったのかもしれない。



このような高い学力を持つ旦那が、溺愛する娘の大学を絞り込むのは

至極当然のことなのかもしれない。


加えて、プリ子自身も日本の母校の大学は一流。(留学先の大学は三流)




過去記事:







母親の出身大学が一流の場合、

その子供に対するそれは「願望・羨望」でなく「当たり前」という意識になる。



だが・・ほったらかしワーママ期間が長かったせいか、

娘の成績は、私の子供時代のそれとは、比較にならないほど悪い。


大学受験を有利に進めるためには、高校受験より、

それなりのカリキュラムにのった中学受験が望ましい。


目先の子供の教育問題に本気で取り組むため、私は仕事をいったん辞めることにした。




過去記事:

スポンサーリンク


あまりにも成績が悪く、入塾テストすらも危うかったので、

私は子供に対して、目先の目標のバーを下げることにした。


まずは入塾テストに合格し、あせらず時間をかけ、実力をつけて行くのが、

上を目指す唯一の方法だと思うからだ。




入塾テストが終了した時点で、以下のやりとりがあった。


塾の先生「お子さんの志望校など、親御さんはどのへんをお考えですか?」


プリ子「え~と。家がC中学の近くなので、そこがよいかな~と」


C中学。家から歩いてすぐの学費が高いらしい学校。校舎がきれいで、修学旅行が海外。

生徒さんたちも感じがよく、申し分ないのだが・・

問題は、進学先で一番多い層が GMARCHという点。


成績の良い子は、東大とかいるけど、進学先で見るべきは、

一番多い層が、どこなのか? という点。


・・・プリ子は考えた。

C中学は、今の娘のとんでもない成績からは高嶺の花だが、

そこに行ったら、かなりの可能性で GMARCHに行ってしまうことを意味する。


現時点では、GMARCHに行って欲しいと思っていない両親がいる以上、

何よりも塾の先生に「ポポ子ちゃんはC中学でよい」というメッセージを

送ってしまうのはマズイ。


プリ子「あの~。今の娘の成績は、ひどい状況ですが、

親がP大学と、Z大学出身なので、そういうところに入る中高でないと・・」


担当の先生は、大変話が分かる方だった。


結局今はビリクラスだけど、そういった大学にある程度入れる生徒が在籍する中学は、

最低でも選抜クラスに入って、その中でも上位の成績でないと入れないということだった



親の意識の高さは、塾の先生にはダイレクトに伝わったようで、

学習内容、テストの範囲、目標をいったんどこに置けばよいか、

その辺りを、「痒い所に手が届く」ようにアドバイスして下さる。


私のできることは、そこをしっかりと把握し、

子供の家庭学習に落とし込むことだ。


現在、私は子供の4教科のうち、国語を除いた3教科を全て把握し、

彼女の苦手な箇所、出来ている箇所が問題単位で分かっている。


7B293D11-7715-41E8-967B-B4804D89F0B1.jpg

国語を除いた理由は、当面の彼女の勉強のターゲットは、

テストで点が取りやすい所、つまり学習効果が高い所を優先したかったからだ。


成績が悪い ⇒ 普通 

に移行するため当面やるべきことは、

得意科目を作り、テストでかなりの高得点をとれることを、イメージづけることである。

更には、細かく観察して「褒めちぎる事」

勉強が出来る事は「自信」につながる。自信はさらなる挑戦を後押しする。


このためには、やったことがそのまま成績に結びつく、暗記科目が手っ取り早い。


子供自身に「勉強はやったらやっただけテストで点が取れる」

この確信を初期段階で持ってもらわないと、勉強のモチベーションが落ちる。


成績が上位の方だと、そのうち壁にぶつかるのだが、

今はずっと下の方なので、まずは「成績が伸びる快感」を味わってもらうことにする。

(これ以上、落ちる事はなさそうな成績だし)

なので問題を親も理解し、どこが間違っているかどこができているかを的確に把握し、

できているところは、かなりオーバーに褒めている。

そして、できていないところはその場でやり直しさせている。


暗記科目は、人から言われるインプットが効くのだ。

だから私が関与した方が効率的な場合が多い。



算数は、「中学受験の最重要科目」と位置づけていて

私の得意とするところなので、苦手意識を持たないように、

コンスタントにやらせているが、

まず最初は、「社会」

最初のテストが近いので、必ず結果を出すように、親がリードします。


過去記事:








にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~




前月の人気記事 (PV)