【社会の暗記方法】中学受験の地理が難しい・・でも私には秘策がある


スポンサーリンク



暗記が比較的に苦でなかったプリ子。 中学、高校、大学受験の全てにおいて、

社会が1番の得点源でした。


旅行好きということもあり、地図帳を眺めるのも好きですが・・

その範囲には かなりムラがあったコトに気がつき始めた…


子供の社会の問題を見て「何これ、初めて聞いたわ」という川の名前。


「雄物川」おものがわ

秋田県を流れる一級河川らしい・・・



試しに旦那に聞いてみた。


プリ子「秋田平野を流れる川、知ってる?」

旦那 「雄物川。」


旦那は秋田市のど真ん中に仕事で1年半ほど住んでいたため、

「ニコタママダムにとっての多摩川」みたいなもんだ。

ちなみにプリ子は秋田県に行ったことなし。


・・・このように、関東平野の住民にとって、荒川、利根川、多摩川はなじみがあっても、

日本の行った事がないエリアの川っていうのは、覚える機会がないらしい・・


おそらく、机の上でのお勉強がなければ、大人になっても「知らない」になるのであろう。

中学受験の社会は、プリ子の時よりもかなり細かくなっていて、

こういうところで差がつくのだ。


とりあえず、暗記科目は知っているだけでテストの点になるので

勉強すればするだけ点が取れるので、いちばん最初に攻めるべき?



社会のような暗記科目は、ノートの作り込みが効果的だ。

①ノートを作る

②ノートに追加で書き込む

③問題を解きながら、ノートを見直す


①~③の過程は全て、暗記につながるもの。

タイムラグがあり、なおかつ、帰着地点が同じなので

「ここのノートにあることは絶対知ってなきゃダメ」

という意識が働くので、暗記の効率性&完成度を追及するには効果がある。

(自分の時はこういうやり方をしていた)


地理の暗記は、ノートに視覚的に訴えることが出来るので、

子供に「都道府県ノート」を作成するように指示した。



スポンサーリンク



以下は、プリ子が子供にやらせている「中学受験の地理」の勉強方法のひとつです。



①都道府県ノートの作成。


・1ページに1都道府県。

7B293D11-7715-41E8-967B-B4804D89F0B1.jpg




簡単な地図を参考に、「地形、川、産業」など、テストに出題されるような箇所を

青ペンで囲んでおく(消えるボールペンで、プリ子が青字で囲んでいます)



山形県
32672341-3D3C-4FEB-BF0E-91046E4D000A.jpg
河川と平野はセットで覚える




D4681276-9525-4128-9C43-115B78E42E76.jpg
茨城県は30%が耕作地なのか… 確かに茨城野菜、スーパーに多いもんね〜



県庁所在地は地名以上に、「正確な位置」がテストででます。

後で、ドンドン書き込むので、最初はこの程度の完成度でOK。




B221C1C3-88B6-4243-A3D1-C71D018251FC.jpg
関東の人間にとって、東北地方の川の名前はごっちゃになります。


阿武隈川と北上川の位置は正確に覚える必要あり。


現在は47都道府県の中部、北陸、東北が終わったところです。

47都道府県を完成させると同時に、もしくは、後ほど問題を解きながら、

書き込み&確認で使っていきます。







②社会用の漢字ノートの用意

現時点で、地名は子供にとっては難しいですが、

入試時点では書けないとダメ。

私の時は、その辺の計算用紙に書いて覚えたけど、

子供には正確な漢字を書かせる意識が必要と思い、

私も子供の漢字チェック用に、「社会用の漢字ノート」を用意しました。



7117E6A2-3433-4B34-A619-47906498FE2A.jpg

阿武隈川、雄物川、猪苗代湖、八郎潟・・

社会科の漢字は小学生には難しい・・もうすぐで歴史が入ってくるのでなおさら。



上記の学習システムは、自己チェックができるお子さんには不要です。

親が子供の理解のムラを確認し、随時やり直しするためのものです。



暗記科目は、最初にやっつけてしまうのをおススメいたします。


受験は長期記憶です。


私は子供の頃に勉強したものはかなり覚えているコトを、子供の勉強をみる過程で

強く実感しました。(最初からやってないことは、ホント分かんないけども) 


これが意味することは、早く覚え切ってしまっても、

「それ程、簡単には忘れない」ということです。

忘れてしまう、ということは、キチンと(長期記憶で)覚え切っていないのです。



暗記科目は勉強すればするだけ、点数に結びつくと同時に、

他の科目と比べて、テスト当日(模擬試験含め)問題を解く労力が

最も少なくて済みます。(知ってれば、深く考えることなく解けるから)


絶対的得意な科目を作ってしまうと、あとはそれが他をけん引する効果も見込めます。


暗記科目は、

見て覚える

書いて覚える

口に出して覚える

耳で聞いて覚える

イメージで覚える…


東京の日本橋、有楽町周辺には、都道府県のアンテナショップが密集しています。

最後は「味覚・嗅覚」で、その県の主要産業など食べて覚えちゃいましょう~

(宇都宮は餃子だし、水戸は納豆 。大人はそうやって自然に覚えていくのである…)


都道府県ノートが47個書き終わったら、いく予定です。






にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~





前月の人気記事 (PV)