他の方の資産公開に、私が興味を示さないこれだけの根拠


スポンサーリンク


金融リテラシーが高そうな方の持っている株の銘柄や、

売り買いのポイントなどは興味があります。


節約レシピやお得なマイルの集め方も興味があります。


なぜならば、これらは、自分も取り入れることができるからです。


ですが、私は他の方の貯金の額などを公表する

「資産公開」には、あまり(というか全く?)興味がありません。





その方(その家庭?)の保有している資産は、そのご家庭の生き様そのものであり、

「違い」が多すぎるので、そもそも比較の対象にならないのです。

私が大きいと思うそれらの「違い」は以下の通り



持ち家か、賃貸か

持ち家の方は貯金を家につぎ込み、ローン残高があるかもしれません。

貯金の額を純粋に比較すると賃貸の方の貯金の額は多いのでしょう。

ですが賃貸の方は今後どういう家をいつ買うのかわからない以上、

比較などできるはずがなく、

ましてや東京の戸建の億円クラスの人と比較なんて・・・




都心か田舎か(所得や物価水準の違い)

物価水準は支出に、所得水準は収入に直結しますので、

同じエリアに住んでいない方の食費の額聞いても・・・

普通は都会の方が同じことをやっていても所得が多いと思うので、

少なくとも、エリアが同じ方の情報でないと・・




片働きか共働きか。

奥さんの働き方が貯金の額に大幅に影響を与えます。

ですが、育児の問題がある場合、共働き程、不安定なものはありません。

保育園のうちは楽ですが、小学校に入るとワーママの難易度は格段に上がり、

ましてや中学受験である程度のレベルを目指すとなると、専業主婦にはかないません。

つまり、共働きは維持できれば収入面で有利だけど、子供の手がかかる場合は

いつ辞めなければならないかという問題があり、何よりも「不安定」なのです。

女性の所得は環境依存度(実家や会社の支援)が高く、

あまり、よそのウチのケースは参考にならないのです。



スポンサーリンク

扶養しなければならない子供の人数

子供の人数が少なければ、貯金の額が多くなるのが普通

また子供の年齢によって、

もうお金をかけてしまった後か

これからお金がかかる時期に入るのか、

貯金の額が異なるので、これはかなり複雑な要素になります。



子供にどこまで教育費をかけるか

大学進学か、さらには下宿するのか、

私立中高一貫に行かせるのかで、

千万円単位のお金が動きます。

教育費も、貯金の額に影響を及ぼす要素のひとつです。




双方の親がどれだけ裕福か

真面目に働くのばかばかしくなるほど影響するのはこちら。

親の資産力。

自分の子供の学費を、自分の親に出させる人も少なくありません。

家の頭金を出してくれる親も結構な割合でいます。

どう見てもフツーのサラリーマンと専業主婦の奥さん。

でも、サラリーマンの稼ぎではどう考えても買えない家。

たいていは親が裕福なケース。

老後破産なんて・・・関係ないのです。



まとめ

資産の金額は「環境依存性が極めて高い」性質だと思っています。

ですので私が自身の名義で貯めた資産は

たまたま、結果的に、こうなっただけ、と言えます。

ですので、どうしてもかなわない部分は完全に切り捨て、比較せず、

自分の与えられた環境で頑張ってお金を稼ぐ&貯めるしかないし、

それが唯一の道であるわけです。


全く共通点の無い人、しかもその背景すら知らない人の資産など比較して

どーのこーのいう事など・・

参考にならない以上、やはり興味などあろうはずもないんですよね。

「ノウハウのない資産公開の記事の拝読」は時間の浪費。踏み込まないのが賢明?

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~





スポンサーリンク