「身の丈以下で暮らす。」その先にある【お金以外の貴重なもの】を4つあげてみた。


スポンサーリンク


我々夫婦の普段の生活は、貯金とか収入とかを特に意識しておりません。

周りの人々に比べると、ビンボーくさく生きているかも・・



100均でお菓子買ったら、

旦那「ダイソーで買ってバカだなぁ。お菓子のまちおかとか、業務スーパーじゃなきゃ」

「あー、そうだ。業務スーパーは100円しないもんね。しまった~(反省・・)」

とか言っている夫婦。




私、無印良品とかも「安い」とは思わないんですよ・・

(ニトリくらいお値段下げて欲しいよ・・と思うのは私だけじゃないはず・・)



ありんこのように働き、

質素な生活によってお金を貯めることで、

老後の失業生活に入った時に、

お金に働いてもらう余地を広げることが、

ビンボーくさく生活している直接的な目的ではあります。



ただ、ビンボーくさく生活(本人らにとっては普通)することは

以下の点において、お金を貯める以外の効果も高い気がします。





① 選択肢が多いという豊かさ。

昔、市川海老蔵がポルシェに乗って吉野家の牛丼を食べに行くところが

フライデーに撮られていました。


すべて高価なものを身につけ続けることが豊かさなのか?

それとも、高価なものも、廉価なものも選択できるその幅の広さが

豊かさなのか? 



人生のあらゆる局面で選択の幅を保てると言うことは、

その人自身の「柔軟性の高さ」を表しているといえます。


その高い柔軟性をもとに、より自分が心地の良いと思うニーズを

より多くの選択肢の中から見いだすことができる、

これを本当の豊かさと言うのではないでしょうか。






② ①の幅の広さから来る人脈。

選択の幅の広さは、そのものの本当の価値を理解することであり、

そのまま、その生活を享受する人々の視点を理解することでもあります。


以前過去記事に、リアルお嬢様の友達のことを記載しました。





彼らとごはんを食べる時は、1杯500円のラーメンから、1万円のワインバーまでと

予算の一貫性が全くありません。


ただ、もし 彼らが「高級店しか行かないような人達」だったとしたら、

多分友達関係は継続しなかったと思うのです。

彼らはそういった意味では500円のラーメン

の使い分けや価値を理解できる人たちなのです。


私はこういった「幅のある人」がすごく好きです。

それぞれの価格帯の良いものの価値を理解し、適宜使い分けることで、

それぞれの価値を心地よく感じる人達ともつながりを持てることにも繋がるのです。


スポンサーリンク


③ 「本質的に幸福?」のバロメーター。


ある経済評論家が言っていた、とても印象深いこととして、

「仲が良くない夫婦程、浪費行動で、夫婦間をつなぎとめる傾向にある。」


確かに、仲が良ければ、普通に家でする会話も楽しく心地良いことでしょう。

ギラギラ(お金がかかる)イベントに気を紛らわせる必要もないのでしょう。



幸福感を感じる人は、

家の中でのんびりくつろいだり、

近所の公園の桜でも見に行こうか、など、

日常生活の中で、(客観的な意味での)小さな幸せを簡単に探せるひと

なのだと思うのです。



5ECCC5B3-0688-46B7-A614-DB9ED7F780F2.jpg
 近所の黄葉がキレイだと感じる生活を大事にしたいものです。






そういった点で、質素な生活でモヤモヤ感を感じてしまう場合は、

何か大きな悩みを抱えているとか、普段の生活が荒れているとか、

根本的に解決する必要があるものが、心に影を落としている可能性が高いです。


このような状態であるのならば、やっぱり普段の生活の中で

より良く生きるために、解決策を考えたが良いと思うのです。


貧乏生活?=質素な、シンプルな生活 の中で

見えてくることは結構多いと思うのです。


浪費でごまかすことなく

そこはきっちり見据えて解決につながる行動をとった方が、

幸せにつながっていく、と思っています。



④ 倹約生活に適応できることで老後の不安が和らぐ。


お金でしか買えないものや、解決出来ないこともあるので、

雇用があるか分からない老後への貯金はある程度は必要と考えますが、

必要以上に不安に感じるのもどうかな、と・・。


そういった点で、支出を少なくする生活のシュミレーションを若いうちに取ることは

「ああ、この程度までのビンボーくささまでなら何でもないや。」

との適応力に対する自信(?)につながっていくような気がします。


節約レシピや、ハンドメイド(DIYなど)や、食べれる野菜を育てる、etc ...

などの現役時代の取り組みは、

自分自身の資産となって老後をローコストでも工夫して楽しくいきる術として

実用面だけでなく、老後生活への自信となり、

将来への不安を和らぐことにつながっていくのではと思います。



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク