資産運用を真剣に検討してる方へ【セクターローテーション投資】 = 「景気循環に準じて投資セクターを替える」手法と具体例


スポンサーリンク


セクターローテーションについて

以前、過去記事にも言及した、セクターローテーションについて

今回詳しく解説します。



一般的に株式市場は、

おおよそ以下の 4つのサイクルを時計回りに循環していると言われています。




セクターローテーション.png

 上記の画像は、Market hack より引用しています。



株式市場は、金利と景気の上下によって影響を受けます。

図の見方ですが、「時計の針の動き」をイメージしていただき、

時計回りに一巡します。


左右の軸が金利の上下、MAX or MIN

上下の軸が景気の上下、MAX or MIN

という見方をします。


米国市場はこの、「景気循環」の規則性が見いだせるため、

銘柄の選好がしやすいです。


例えば、

米国の現在の状況ですが、

金利が低く & 景気が良い ⇒1の終わり(時計の針でいうと、11時くらい)


この景気循環の流れに、選好すべきセクターが書いてあるので、

「これから上がるセクターはどこ?」という見方で投資するのです。




スポンサーリンク


それをまとめたのが、以下の表になります。

選好セクターと、代表的な銘柄を挙げてみました。


投資セクターローテーション最終.png


ちなみにこれから仕込むべきは、2あたりの、工業、素材、消費循環


とされています。代表銘柄を仕込んでもよし、もしくは手っ取り早いのは、


海外ETFの上記のセクター(素材・工業)でも良いと思います。



セクターローテーションの注意点ですが、時計の針の4時~6時くらい、


つまり、エネルギーセクターの下の空白


これは株式市場の選好セクターがないことを意味します。


この時期は、株式市場からいったん足を洗い、

債券市場にシフトしても良いかもしれません。





以上が、セクターローテーションの考え方です。


考え方は世界共通なのですが、日本市場は景気循環がうまくいってないため、


米国市場を参考に解説してみました。




海外株を始めるならば、

海外ETFの上記の「これから来る」セクターで絞り、

タイミングを見計らって購入し

長期で置いておくと、スルスルと株価が上昇する確度が高いと思います。



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(←喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク