会計士プリ子。【テーマパークと見まごう】あの ≪日本銀行≫ に潜入の巻。


スポンサーリンク


夏休み≪シェア先生の親子経済教室≫に行ってきました。

(会計士プリ子というより、ママとして行ったに過ぎないです…)

東京証券取引所の見学のあと、移動(徒歩15分)して、あの有名な・・


日本銀行 の 見学ができるんです!


当日はあいにくの大雨。しかも、我々(50人ほど)が移動の際には、


すさまじいゲリラ豪雨。。

大都会のど真ん中の路肩の水たまりに足を突っ込みながら、

小学生以来の感覚である ≪びしょびしょのスニーカー≫ に

気を取られながら日本銀行に到着。


実はプリ子。

最初の就職先が三越前駅(日銀は三越のとなり)の会社だったため、

日銀は当時、毎日目にしていたので、


中、どうなっているのか興味津々。。



さぁ~て、ここからは写真撮影の厳しい規制が入ります。


最初に 潜入見学したのは、

日銀って何するところ?っていうDVDの視聴。

福沢先生(万札)、一葉先生(5千円札)、野口先生(千円札)が、

1.お札の発行

2.物価の安定

3.金融システムの安定

D3B07D96-05BF-48F5-BC4F-68AD2EC5310E.jpg

の3つの役割について、インフレとデフレの関係や、

お札の仕組みなどを大変わかりやすく解説してくださいました。

(このDVDは良くできているとおもいました。)

A4AAD732-0702-46FB-8D08-D71B94DA09C8.jpg


視聴室には、勝手に取ってってよい、上記のマンガもあります。




その次は、日本銀行の中を見学しました。

本館、新館とある中、本館は国の重要文化財に指定されています。

現在は本館は業務ではほとんど使用されておらず博物館状態で、

昔の銀行業務で使っていた道具や、

過去の一部の日銀総裁の肖像画が飾られており、

館内の雰囲気があたかも

TDLのホーンティッドマンション状態。

肖像画の中には、「渋沢栄一」(*)(日本の資本主義の父)もいました。

(*「渋沢栄一」日本の近代史上、最も重要な人物の1人。
現在の名だたる一流企業の何割かの創業に携わっており、
この人が居なければ、日本のGDPは何%か下がっていたでしょう・・)




また、本館の昔使用していたという地下金庫は圧巻です。

扉自体がとんでもなくでかく、

「これじゃあ、ルパンもキャッツアイも無理だわね~」

という、難攻不落な造りとなっています。




スポンサーリンク






その後、業務を見学するため、新館へ移動しました。

金融機関にお勤めだった方はご存じかと思いますが、

強固なセキュリティ対策のため

新しいビルでないと配管云々の問題上、業務にならないのでしょう。

全ての業務は新館でとりおこなっているようです。

業務はワンフロアが非常に広い作りとなっています。

そして見学通路と、フロアとの間に

強固なシャッター。

振り向けば、

見学グループ1つにつき、警備員の方がずっとつきそっていました。

業務がワンフロアで見通し良い作りになっているのも、
セキュリティ上の意味があるのでしょう・・




D9151F70-B85D-453D-8FC7-30EC9B230BFF.jpg

中庭は撮影OKエリアです。

娘は「あ、ローマだ!」

と喜んでました。(テルマエ・ロマエの影響か?)



途中、金塊など持ちあげてみたり、


932BA85D-2E86-47E1-B1AC-905D3ED5005E.jpg


「日本銀行のお土産グッズ」コーナーで、

 諭吉タオル 

などベタな土産物を冷やかしながら、日銀見学はお開きとなりました。



日本銀行は事前予約で見学が可能なようです。


DVDなどは本当によくできており、お持ち帰り資料もわかり易く

小学校6年生~中1くらいのお子様には

理解できると思います。


後日、子供は、お財布の万札をみて、DVDの内容の

≪透かしマーク≫の事を言ってました。


お近くに行く機会が予定されている場合は、日銀見学などいかがでしょう?

適正年齢の子供には学習効果

それ以外の子は

ホーンティッドマンションや、ローマなどが感じられる場所のようです。



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(←喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク