偏差値58の高校から息子3人を【平均の偏差値 東大理Ⅰ 相当】 に入れた、義理母の奇想天外な育児とは?


スポンサーリンク


【美味しんぼ】の初期のお話しで、《トマト対決》というのがあります。

海原雄山の用意したトマト
→ 【有機農法で丁寧に作られたトマト】

育児に例えるならば、


いわゆる王道アプローチ。


一方

山岡さんの用意したトマト 
→ 【水分・堆肥を極限まで制限し、根の成長を発達させた野生トマト】

育児に例えるならば、うちの「だんな3兄弟」?

どちらの育児も、他人との比較軸とは無縁の母親の強い信念のもと展開しているのが特徴

と思えますが、

今回は根っこの正しい?成長についてのお話しを以下にてご紹介いたします。 

7EF261FC-7AF2-4056-8DD4-DAA35CE78AA9.jpg
我が家のミニトマトはほったらかし農法です。



粘着気質の義理母ですが、息子3人(理系)は全員学歴に関してはピカ1。

3人とも、偏差値58の同じ近所の高校(義理父の出身校)卒業しています

三男のみ浪人しましたが、上ふたりは現役合格。(三男に対してだけは若干甘かった)

皆さん、地頭が特によい、というわけではございません。

社会人としてどうなのかは、周囲の人のみぞ知る、という感じですが、

上記の息子達のパフォーマンスはやはりあの義理母なしでは語れません。

「良い大学いれたいならば、塾行って良い中学入らないと・・」

との思い込みをお持ち方にこそ

読んで頂きたい骨太の内容となっております。




奇想天外①「勉強しなさい!」と一度も言ったことがない

義理母自体は高卒です。(ご参考までに義理父はいい大学)

成績が良かったにもかかわらず、家庭の事情で大学進学はしませんでした。

教育ママ、というわけではありませんが、

「子供に学歴をつけさせる事が財産」と思っていたようです。


長男が中学生くらいの時から「勉強しなさい!」という代わりに

「勉強の不出来で将来きまっちゃうからね~」と

間接的に回りくどくプレッシャーの言葉を浴びせ続けた と、

うちの旦那(この場合は長男)が申しておりました。

私が思うに、これってものすごく有効なセリフかな・・と。

勉強しなさい!って、うるさいだけですし。


奇想天外② 夏期講習以外の通塾はゼロ(※医学部の三男除く)

「偏差値58の高校で一流大学狙うんだったら塾必須でしょ?」って思うんですが、

現役合格のうえ2人は夏期講習以外は行ったことございません。


学校の勉強が物足りなくなった後は Z会 やってたそうです。

Z会 はご存じ自己解決力の高い子供でなければ有効活用できない難しい学習ツール。

これに着手できる時点ですでに違うと思うのですが、

これも義理母の几帳面で厳しい育児方針が、

息子達の丁寧で我慢強い学習アプローチにつながっているように思えます。

C5F1731F-92C8-437D-A864-6555894889F1.jpg
Z会もタブレットの時代になりました




奇想天外③ 家大きいのに個室を持たせない。

長男が中学生になったころ、現在の家に引っ越ししました。

家の設計の段階で義理母がこだわったことは、

「息子達に個室をもたせない」こと。

敷地も家も大きいのになんで・・?と思いますが、

なにしでかすかわかんないから」とのこと.



ひろーい勉強部屋に机3つ。実家にはいまだ置かれたまんま。


次男が初めて会った時話してくれましたが、

「にーちゃん(ここでいう長男)

高熱あっても、おでこにアイスノン巻き付けて

勉強してたよ。

あれ見てただもんじゃない、って思ったよ」

と言っていたので、

そのにーちゃんの背中をみる機会につながった

「共同勉強部屋の効果」は相当高かったものと思われます。

とにかくここの兄弟は、


なんか自分に厳しいです。。


スポンサーリンク







奇想天外④ 受験勉強中なのに、【風呂洗いのミッション】強制

公認会計士とかのおぼっちゃんエリート男性でよく見られる子供時代は、

「たけしちゃん(仮名)は勉強だけしてれば良いの。ママがあとぜーんぶやってあげますからね。」

というパターンが多いように思う。。


義理母はこれとは真逆のタイプで、受験勉強で時間を惜しんで勉強している最中でも、

「お風呂洗いな~」

とのお声がけは欠かさなかったとのこと。

夫も「あれはきつかった・・」と申しておりましたが、

勉強よりなにより、

人間としてやんなきゃなんないことを徹底して優先した義理母のおかげで、

ウチの夫は自身に対してとても謙虚でございます。(そしてお風呂掃除が得意



以上、上記の義理母の育児方針で私が何を言いたかったかと申しますと、

小手先の手段に右往左往するのでなく、

根っこがしっかりした子供を育てることに注力することで、

自己解決力の高い子供に育ち、それが結果的に頂点を目指せる学力にもつながる

という事です。

たとえ中学受験がメジャーな昨今でも、

あの義理母なら同じパフォーマンスだしたと思います。

なぜなら

ああいう育児(義理母は男勝りでとにかく息子には厳しかった)すれば、

環境に流される柔なタイプ(=良い高校じゃなきゃ良い大学目指せないタイプ)

はあの家では生き残れないので・・

メディアで有名な佐藤ママ、皆さんは厳しいって思われたかもしれないけど

佐藤ママってかなり優しいと思うんですよ。義理母の育児に比べりゃ…



過去記事:
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
インコをポチして頂ければ記事更新の励みになります。」

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

スポンサーリンク