【偏差値を完全に無視】して「ここなら」と思う国内の2つの大学とその理由。


スポンサーリンク



私は日本の大学に子供を通わせることにそんなに積極的ではありません。

大学入学はゴールでもなんでもなく、

社会人として身に付けるべき事を学ぶべき場所であるべきなのに、
受験勉強でお疲れ学生を癒やす場&羽目を外す場になってるのが 変ですよ?
(ってか自分がそうでした……)


留学経験のあるKさんも私と同じことを言っていて、海外の大学に通わせる事を考えてるそうです



ですが、例外的に、国内でも以下の大学だったら、

生きる目的を学生たちに見つけさせると同時に、

社会人として必要な力をつけてくれる大学のような気がします。



近畿大学
最近、「超」勢いのある大阪にある大学。ド派手な入学式 や 近大マグロで有名ですが、
医学部なんかも抱えている巨大な総合大学。関東でいう日大みたいな感じ?
ですがこの大学に私が一目置いている理由は

「実学教育と人格の陶冶」

がきれい事ではなく、キチンとカリキュラムに組み込まれている点

本来、社会人のあるべき姿って、
「自身が働きたいと思う分野で働くことで、他人の役に立てる」ことだと思っているのです

自分が自分が」ってそれだけ考えてると
組織としてパフォーマンスを上げてく考えと相容れないので
きっとどこかでつまづくと思うんですよね。

人間って本能的に社会の役に立つことをどこかで求めるものだと思っているので・・

少なくともこの考えは社会人になるとすごく重みを感じるのですが、
これについて言及している大学は他にないので、
学長自らメディアに対し、

「他人の為に、自分がやりたい仕事を通して実現する、と考える事が出来る人材育てる」

という事を強調している点に、非常に共感を覚えました。

また、大学ってより専門学校みたいに「実用的」な勉強を推し進めるカリキュラムでも有名
この大学自体、学校というより企業寄りであるため、効率的な教育手段を実践できている
と思いました。


国際教養大学
日本にあった。。「海外の大学みたいな」大学が・・・
海外の大学みたく、死ぬほど勉強させられます。
秋田の田舎にあるので、遊ぶところもなく、「勉強に集中」できる事でしょう・・

とにかく当大学の卒業生は 企業から「引っ張りだこ」
公立大学で、独特なカリキュラムと人気企業の就職率の高さから

入試突破が大変らしいです。


時代も常に変化していますし、大学選びも 頭柔らかくして 考えていきたいものです


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
インコをポチして頂ければ記事更新の励みになります。」

にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

スポンサーリンク