実は私、「ある国」の【お札の肖像画】になった人とゴルフ打ちっぱなししたことがありまして。


スポンサーリンク


今から20年ほど前、私はある国に留学していました。

そこでゴルフにはまり、時間があればゴルフの打ちっぱなしに出掛け、

練習に励んでいました。



ある時いつものようにいつもの打ちっぱなしで球を打ってると

自分の前の打席に、非常に体格の良い、初老の男性が入ってきました。

ですがこの男性、ゴルフはまったくの初心者だったようで、

球があちこちとあさっての方向に飛んでます。

そのたびに

「うひゃひゃ〜。また変なとこ行っちゃったよー」

後ろの座席にいる私に相槌を求めるように笑いながら話かけてきました。

「めちゃめちゃ愛想の良いおじいさんだなぁー」と思いながら球を打ってると、

いつの間にかそのおじいさんを取り囲むように人だかりが

どうやらこのおじいさん、すごい有名人みたいです。




球がなくなり挨拶だけしてその場を立ち去りました。

そしてボールの入っていたカゴをフロントに返す際に受付のお兄さんに

「すごく有名なおじいさんがいたけどあの人誰?」と聞いたところ、

お札を取り出して、

「この人だよ。↓ 」と。

ヒラリー.png


スポンサーリンク



彼の名は エドモンド ヒラリー

世界で初めてエベレスト登頂に成功した人物。



TIME誌が選んだ「20世紀を代表する100人」のうちの1人。

エリザベス女王より大英帝国のナイトの勲位を授与されあの国で唯一Sirの称号を持つ

時計のロレックスエクスプローラーの起源になった人物で

彼がテーマの映画なんてのもある


かの国では英雄中の英雄で、

生前中にもかかわらずお札(の肖像画)になってしまった。。。

エベレスト.jpg
前人未踏のエベレスト登頂成功時の写真。
左の人がヒラリーさん。右のシェルパのテンジンさんイケメンね~(あれ?)




晩年のヒラリーさんは養蜂業(マヌカハニー??)を営みながら、

各種慈善活動に従事されていたそうです。

ヒラリーさんは8年程前にお亡くなりになりました。

あの国では国葬がとりおこなわれ、遺灰は本人の遺志で海にまかれたそうです。



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
インコをポチして頂ければ記事更新の励みになります。」
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ

スポンサーリンク