オンライン英会話子供4年目。子供ならではの注意点とは?(Skype画像あり)


スポンサーリンク


私がオンライン英会話を気にいってしまったため、子供にも少し(週1)やらせています

大人と違い、子供に適用するには以下の点を考慮したほうが良いと思います




あくまでアウトプットの場と割り切ること

子供も大人も言えることですが、

メインの学習にするには圧倒的にボリュームが少ない学習手段のため不十分と言えます。

英語を≪勉強≫としてでなく≪実際に使うものである≫

ということを子供の頃から意識させるため

の位置づけと考えるといいと思います




スタート時点である程度読みができるレベルであること

十分なインプットが無い時点でやらせても

「何を言えばよいのか」

「これはどういう意味なのか」

というところで止まってしまいます。

実際の授業はプリントなどを使ってひたすら英語で問答を繰り返すので

英語の自己学習を十分先行させてから取り組まないと

「その場限り」の切り抜けですべて頭から抜けてしまうでしょう・・




文法的な説明があった場合は子供をサポートすること

外国人が英語を教える一番の弱い部分は「文法を教えること」ですが、

ただでさえ分かりにくい文法を英語で教えられても、という場面に何度か出くわします

その時は親が少しその場で説明してあげないと子供も混乱するので、

適宜サポートしてあげましょう




時間と担任の固定性は必須

子供は大人以上に恵まれた環境で授業を受けさせた方がよいと思います。

曜日と先生は固定性にしないと厳しいと思います マンツーマンであることも必須です


スポンサーリンク


反復練習が充分かどうか

こういったオンライン英会話で実際にやることは「場面ごとのフレーズの反復練習」です

これが十分でないと英語など話すことはできません

よい学校(先生)はこの反復練習をしつこいくらい求めます。





先生が熱意を持ってやってくれるかどうか

子供に英語を教えることは大変根気の要る作業です

良い先生はこの点をよく理解し、忍耐と情熱をもって授業を展開してくれます





先生のカメラ画像だけでなくオンライン上のテキストがある

スクールによりけりですが、先生を映す画面以外に、

下記のようなテキストを映す画面を設けている学校もあり、

これがあると大変分かり易く「今何を話せばよいか」を視覚的に理解することができます。


私が使っているオンラインスクール(QQEnglish)は

このテキスト画面を設けておらず、

先生が後ろのホワイトボードに書き込んだり、

チャットボックスに書き込んだりしていますが、

できれば下記のようなテキスト画面を設けているスクールを選ぶことをお勧めいたします

EAB741C8-DA7E-4271-8057-8E4C8CF0920C.jpg
こちらはスカイプの画面ですが、先生自身を映し出すビデオ画像と

上記のようなテキスト画面が随時切り替わる授業を展開しています。




職場の仲良しさんも、お子さん(中学生)がオンライン英会話に興味があって

紹介したところすごく気に入って続けてらっしゃいます



百花繚乱というべく「オンライン英会話」がたくさんありますので、

まずはトライアル授業を受けてみて良い先生が見つかったら

「少しやってみるか」くらいの感じで取り掛かってみるとよいと思います。








「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

スポンサーリンク