「偏差値」でなく「卒業生の評判」で選ぶ(東京千葉神奈川の)「充実した学校生活おくれる中高ランキング5位~11位」


スポンサーリンク



大学や社会人になっての友達の出身校や関係者の評判をもとに(勝手に)
「充実した学校生活おくれる学校ランキング」を作ってみました。

判断基準は
「よく遊び、よく学べ」
「多様な価値観と視点を持てる教育環境」

です。なにもかも犠牲にして「進学実績」を優先する学校は選んでいません。




5位:女子学院(私立女子:東京)

女子御三家のひとつ。千代田区番町という高級住宅地にありながら、自由な校風(私服)で中学受験生に絶大な人気。偏差値の割には大学実績は・・悪くはないが? 学校が楽しすぎちゃったせいかも。出身者はかなり個性的な人が多かった。芸術系に進むひともいる。

6位:公文国際(私立共学:神奈川)

神奈川の新設校だが初年度にいきなり東大合格者をたくさん出して、神奈川中学受験界に衝撃が走ったらしい。首都圏随一の高い授業料と施設使用料を誇る、金持ちしか行けない学校。超自由な校風で、私服。イベント盛りだくさん。修学旅行の行き先を生徒が自由に選べるという前代未聞の学校。卒業生の結束は堅い。公文プリントを学校でできるらしく、早めに終了すると学校内の地位がちょっとだけあがるらしい。。


7位:慶應湘南(私立共学:神奈川)

藤沢の養豚場の近くにある「臭い」けど「慶應の付属」のため超難関の学校。帰国子女枠が設けられているため「すべての子がお利口さん」というわけではない。だが、ここは私の周りの卒業生がとにかく良い人たちばかりでしかも「学校たのしかった~」と口を揃えるものだから紹介せずにはいられません。残念ながら横浜に新設された「横浜慶應初等科」の中学進学の受け皿になってしまい中学受験の枠が狭くなるだけでなく「とくに坊ちゃん嬢ちゃんでもない」尚且つ「難関の中学受験を突破したわけでもない」人たちと中学で一緒になる事をどう評価すればよいか難しいところです。


8位:晃華学園(私立女子:東京)

卒業生やその家族が絶賛していた印象が強い学校。なんでも自然と調和したキャンパスが「大変美しい」らしく、ヨーロッパ研修旅行があるらしく、進学実績も大変良いらしい。以前の職場がこの学校と関係があり、職場のおじさんが「娘がいたら絶対ここに入れてた~」と言っていた。義理弟の元婚約者がここの出身だった(女医さんです)


9位:聖光学院(私立男子:神奈川)

神奈川男子名門校はここと栄光学園と2つあるが、勢いがあるのはこっち。進学実績がよくってびっくりした。なぜか公認会計士で神奈川県民はここの出身者が多かった。栄光との大きな違いはその「The 横浜!!」的な抜群の立地。(中区山手にある)あの立地で楽しくないわけがない。

10位:県立千葉(公立共学:千葉)

渋谷幕張に抜かされるまでは千葉県随一の進学校だった。最近は中高一貫校になったようで、2桁当選倍率?のため、入ったら「ラッキー」くらいに思いましょう。結構放任な学校のため、「自由」かつ「自己管理しないと変な大学いっちゃう」ので、大学進学先のレベルのバラつきがみられます。カリキュラムが特に優れているわけではなく地頭の良い人が多いため「入れたから安心」できない典型的な公立高校。校風は自由で楽しい。

11位:駒場東邦(私立男子:東京)

なぜ御三家じゃないの?ってくらい東大合格者が多い超進学校。東大駒場キャンパスに近いせいか?? いろんな意味で最も東大に近い学校ともいえる。ここをランクインさせたのは「フツーのバランスとれた品のよい卒業生が多かったから」。高級住宅地が多い東急沿線にあり、お坊ちゃま率が高く、ガツガツ(ガリ勉)感ゼロ。

1~4位は次回です。


スポンサーリンク

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
インコをポチして頂ければ記事更新の励みになります。」

スポンサーリンク