【95点でなくて100点を目指す!!】勉強法とそれをサポートする道具とは?


スポンサーリンク




あらゆる試験を経験した大人のプリ子からみて

やっと中1のポポ子の勉強はものすごくツメが甘く

見ていてイライラすることばかりですが

そこを我慢し、問題点を改善しないことには

成績など上がるはずもありません。。


ポポ子の学校は小テストの数が多いため、

そこを上手く利用し、

「満点を目指す勉強法」を日々実施するようにしています。

そのために必要なこととの一つに

今やるべきことだけを絞り込んで目の前に置く


プリ子は現役時代、暗記科目を徹底的にやりこむ子供でした。

その時にやっていたこととは

本を分解すること。


~実際にやっていたこと~

1.高校英文法書の分解

その大学受験の英文法書は大変分厚いものでした。

それを徹底的に理解し暗記するために

プリ子は英文法書をテーマ別に20個くらに分解して

それぞれ、徹底的に読み込むことにしました。

フツーの人は分厚い参考書など細かく読みませんし

読む気もしませんよね。

ただ小冊子という形ならば読み込む気になれます。

その精度を20個分、徹底しました。

完全に頭に入れたあと、新しく同じ文法書を買ってきて

今度はインデックスをつけました。

覚えた箇所をすぐ思い出すことが出来るよう

辞書みたいに使うことで完全にマスターしました。


2.日本史の教科書の分解

プリ子は大学受験の日本史の全国模試で

20番くらいになったことがあります。

歴女のポポ子のように歴史に興味があったわけではありません。

ですが、点の取り方は知っていたのです。

どんなに問題が難しく感じていても、

結局、日本史の教科書にすべて載っている

ということに気がついたからです。


ただ・・教科書を読み込むという単純な作業が

なかなか出来ていない人が大半のようです。


あの時もやっていた、日本史の教科書分解作業。

私は問題集を解くときに完全に時代別でやるようにしていました。

問題を解く→答え合わせ→分解教科書の該当箇所を見つける

その時も教科書を再度買いました。

そしてまた時代別にインデックス。

あらためてざっと読んでみると

問題でどのように問われるか?のポイントを意識しながら

読み込むことが出来るため

効果的なインプット作業となります。


何が言いたいかというと、

初めから量を見せると精度が落ちる

これを避ける勉強にしなければならないのです。

スポンサーリンク


で。ポポ子の時代となり、色々と便利アイテムが出てきました。

もう教科書バラバラ作戦をしなくてもよくなりました。


・・まず我が家ではコピー機を使わない日はありません。


例えば期末テストで「生物分野:植物の働き」

がテーマになったとすると・・

・該当箇所のカラー資料を1部コピー

・該当範囲の問題を2部コピー

・該当の教科書を1部コピー

・該当箇所のスタディサプリの教材をプリンターで出力

上記をバインダーで閉じてラベル「期末テスト生物」をつける。

要はファイリングが肝なのでそれ専用の道具を使い倒してます。


IMG_20190705_160735 - コピー.jpg

これで一気にルーズリーフのような穴30個が開きます。

IMG_20190705_160748 - コピー.jpg

もともとはポポ子に

漢字練習を日々の学習として取り入れるために

漢字練習用のルーズリーフを作ろうと購入したものでした。

(市販の漢字のルーズリーフはありませんでしたので)


今ではファイリングに非常に便利なので

全てに使っています。

30穴だと2穴よりも作りがしっかりするので

テーマごとにオリジナルのものが作れるのです。

パラパラめくり易いですし・・


こちらは面倒なスペル練習を1日1ページ

練習するためののファイル。
IMG_20190710_142827_505 - コピー.jpg

教科書のコピーをとって、

そこの単語をハイライトで指定して

やらせるようにしています。

終わった範囲を一緒にとじ込むようにしています。

着手前のファイルと、着手後のファイルとの2部構成

着手後のファイルは後でプリ子が単語テストします。


プリ子の願いとして、ポポ子には勉強そのものにだけ

時間を費やしもらいたいから

この辺の事務作業は全部プリ子がやっています。


ポポ子にしてみたら

やるべきことがファイルで整理されているので

あれこれ出さなくても

そのファイルで完結するからラクみたい。


以上が、日々の勉強を精度を持ってやる工夫のご紹介でした。



勉強の精度を上げるならばコピー機は何でも良いので用意しましょう。

 
その重荷、子供だけに背負わせる?
情報を探すのも母の仕事(内容は日々アップデートされます)

過去記事:

にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク