お金をかけずに【超~カンタンに窓の結露を防いでしまう方法と習慣】


スポンサーリンク


受験生ポポ子の体調管理のため、加湿に気をつけておりますが

それと引き換えに負担となるのが・・・窓の結露問題。

我が家の窓ガラスはペアガラスのようで、

引越し当初は結露をしないことに感動していましたが、

さすがに加湿器で高湿度にすると

窓の下部にはうっすらと水滴が貯まります。

以下は、湿度を犠牲にしないでポポ子の睡眠環境を整えるためにやっていることです。


1.朝はどんなに寒くても窓全開

高加湿状態の部屋なので、朝は窓を全開にします。

そこでとにかく風を入れて乾燥させます。

もちろん空気の入れ替えのためでもあります。



2.キッチンペーパーで水滴とり(窓枠は念入りに)

2時間くらい放置してから、水滴をとる作業です。

私は掃除も兼ねてキッチンペーパーで拭き取りし

ポイ捨て。窓枠は水滴がたまるので

このような道具 ↓ を使います。
IMG_20181214_162445 - コピー.jpg


これにキッチンペーパーをかぶせて窓枠のすき間に突っ込みます。

窓枠のさぼった汚れもかき出ししてくれる便利アイテムです。

スポンサーリンク

 
3.エタノールと食器用洗剤を塗布

ここからが本丸。

カビ予防のため、2階の踊り場にはこのようなものが置いてます。

IMG_20181214_163502 - コピー.jpg

これをまたまたキッチンペーパーで窓に塗布します。

(黒カビ予防として)




で・・最終兵器は、台所用洗剤。

原液をキッチンペーパーでまたもや塗布。

That’s  all.  (簡単すぎる・・)


これで結露が防げるし、心置きなく夜間の加湿活動が出来ます。


もつけていて、こちらで湿度チェックしていますが、

60%台の湿度を保っています。

エアコンは温度20度くらいで静音の暖房つけっぱなしですが、

暖かすぎず、寒くなく、という感じにしています。


インフルエンザウイルスは絶対湿度11グラム(1立方メートルあたり)

を下回ると増殖します。

温度を上げると湿度を含みやすくなるため、

加湿と温度はセットで考える必要があります。


思い切り加湿して、思い切り乾燥という感じで

ポポ子が質の良い睡眠が取れるよう受験まで気をつけたいです。


コンビタは日本で例えるならば「トヨタ自動車」って感じのブランド


皆様がやっている健康管理

トラコミュ作りました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村
アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク