【春花壇作りました】真冬に植えた花は風雪に耐えた分、春に華麗な花を咲かせてくれます。


スポンサーリンク


うちでは1年に2回、花を植え替えます。(バラとか植えっぱなしの花以外)

今は 冬~春花壇 の仕様です。

植える花は毎年同じようなもの。

ビオラ、パンジー、アリッサム。

IMG_20181127_121523_390 - コピー - コピー.jpg

で・・かなり統一感なく、植えています。

公園の花壇みたいなのとは対照的にしたく、ランダムな感じの方が好みです。


現在は夏花壇との過渡期で、

花期の長いインパチェンス(ピンクの花)が

もうじきシーズンを終えようとしています。

IMG_20181127_121446_001 - コピー - コピー.jpg

インパチェンスは小さい苗を植えてほったらかしにして


を混ぜ込んだだけで、手間なく大きくなって私たちの目を楽しませてくれます。

スポンサーリンク


ウチの庭の一部は外から丸見え状態になっていて、

そういった部分は、周辺環境の調和もあるので

ある程度はキレイにしたいところです。
 
IMG_20181127_121634_999 - コピー - コピー.jpg

私の好みでブルー系の花を植えています。

冬の間は花も葉っぱも大きくなりませんが、

3月中旬を過ぎるとビックリするくらい大きくなるのです。



玄関のプランターもパンジー&ビオラ。
IMG_20181127_121550_752 - コピー - コピー.jpg

こちらはピンポイントで暖色系の色にしています。

寒い時期なので、濃い色も華やかに見えて良いかな~と。

(個人的にはシックな色の方が好きですが)


毎年楽しみにしていることがあります。

パンジー&ビオラは、3月くらいにビックリするほど大きくなるんです。

母親曰く、

パンジー&ビオラは11月までに植えて、真冬の寒さにさらさないとダメ。

例年真冬になると雪が降る日もあり、パンジー&ビオラはどっさりと雪に覆われて

どこにあるのか分からない状態になります。私もこの時期はほったらかしで

その存在に注意を払いません。

ただこの時期、土の下では苛酷な環境に耐えうるため、

ビオラ&パンジーの根っこはしっかりと張り巡らしているようです。

ただ、地上ではその力を確認することは出来ません。


ですが ビオラ&パンジーは春の訪れてとともに、

すさまじい根っこの吸収力を加速させ、

大きな葉っぱと花を咲かせます。


目に見える華麗な姿は、その前段の目に見えない準備期間があってこそ実現されるもの。

華やかなものを期待しても、たいていは地味な準備が必要で、

その地味な準備期間の時に開花することはありません。


毎年この花の苗を11月頃に植え、4月まで花の状態を見るたびに

このような当たり前のことを思い起こすのです。


来年の4月。これらの風雪に耐えた花が大きく開花し

ポポ子の新生活をお祝いしてくれたらいいなあ~と思います。


何気にバラクラファンです。




 
せめて家の中くらいは居心地よくしたいもの。

トラコミュ作りました。



過去記事:
家に引きこもりが好きな私の気持ちを上げる品々・・
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク