【フルじゃないオンライン授業】コロナ休校中の私立中授業とは?


スポンサーリンク


休校期間に学力差がつくと懸念しているご家庭は多いらしく

オンライン英会話のお試し予約が取りにくいとか

【スタディサプリ】のコールセンターがパンクしているとか

色々な現象が見られるようです。


休校中の各種学校取り組みは大きな違いが見られますが、

国公立中 VS 私立中 の差のみならず

ICT先進私立中 VS ITC後進私立中 の差も非常に大きいです。


ICT先進中学校はもちろんフルオンライン。

在宅期間でもお構いなく、授業がドンドン進んでいくため

その環境でしっかりと授業を聞かないといけませんが

オンラインってものすごく疲れる

し、フルオンラインだと拘束時間が長いため

授業の質と生徒のレベルがうまくかみ合っていないと

労力のわりに無駄が生じるという部分もあるようです。


スポンサーリンク

で。ポポ子さんのP中の場合。

昨日の時間割は「音楽」で
リンク先の音楽に合わせて
部屋でひとりで合唱していました

P中は典型的ICT後進中学校 なので

以下のような在宅授業を展開しています。

・オンライン上の出欠確認は一応ある。
・時間割は圧縮授業(6時間授業ではない)
・時間割にそって授業に必要なリンクが貼ってある
・そのリンクに従ってオンデマンド型の動画授業を受けたり
 配布プリントをやったりする。
・即時提出ではなく、来校時にまとめて提出(アナログ)
・オンライン上で授業内容の質問に答えることで
 受講確認するものもある


要は双方向性オンラインでない分だけ

ある意味ネット上の詳細なリンクに頼る部分があって

ひとつのデータにアクセスするのが手間なのと、

どこにどのようにリンクが貼っているのか

見極めが重要で

無意味なシステム操作だけに
膨大な時間がかかってしまう状況。

実質的な勉強に充てる時間を食ってしまうので
こっち(保護者)側でデータを整理して
科目別のフォルダーを作ってローカルに落とし、
アナログでやるものはあらかじめプリントアウトして
整理することに。

いったん整理してみると操作の手間のわりに

実際の学習量はそれほど多くないことに気がつきました。


双方向フルオンラインでないため
ざっくりと複数日分の課題を仕上げて
あとは個人でやるべき勉強に充てることにしました。


個人でやるべきところは

数学、英語、古典文法、理科の物理分野

といった、それ以外の科目よりも

重点的に時間を取るべき部分です。


ここまで書くと、フルオンラインの学校の方が良さそう

に思えます。確かにICT先進中は良いと思います。

システムが充実していると今後色々な課題を

効率的に処理できると思いますし・・・


ポポ子に関しては

学校の提供している授業で使える部分は活用し
無駄?な部分(英数の簡単なとことか)は割愛し、
さっさと先に進むなどして
実際に学校に行ってしまったらできないであろう
カスタマイズをすることで

コロナ休校期間の勉強をある程度しっかりと

させるようにしたいと思っています。

3月に子供用に買ったものを授業で使用中
学校の先生で教え方がいまいちの科目は
こっちでカバー
社会はこちらもカラーコピーとってやらせてます
理科は学年横断的なので入学時に1~3学年全て揃えて使ってます

私立医学部姪っ子Mちゃんは
双方向オンライン講義を受講
医学部受験に必要なのは、情報・お金・理数の頭脳

スポンサーリンク