【2週間前なんとなく行った仁徳天皇陵古墳群】→今朝のニュース『ユネスコ世界遺産になるんだって?』


スポンサーリンク


~GW中に大阪の親の家にいた時のこと~


プリ子
「昨日は京都に行ったし、今日は奈良に行ったでしょ~
明日は大阪城でも行こうかしら?」

「大阪城、サミットの影響で警備厳しいんじゃない?
それに帰りの下り坂の足場が悪いよ」


ポポ子
「今の大阪城って豊臣の城の上に徳川が造ったヤツだよ?
いわゆるな大阪城じゃないからヤダ」(ポポ子は歴女です)


プリ子
「え~とじゃあ、道頓堀とかあべのハルカス?
・・いや、ポポ子はそういうとこ興味ないよね・・
博物館とか?」

ポポ子
「博物館行きたい~!」


プリ子
「あ、堺市博物館っていうのがある。仁徳天皇陵古墳とか
他の古墳群に囲まれたとこにあるよ。ここに行ってみるか。」


スポンサーリンク

JR西日本阪和線「百舌鳥」駅から歩いて数分のところに

仁徳天皇陵(大山古墳)の向かいに公園があり、

その中に堺市博物館はありました。


堺市博物館は、

江戸東京博物館を面白いと感じる感性を持った方だったら

かなり行く価値がある場所だと思います。


特に私のように

ポポ子の中学受験の勉強に係ったモノにとっては

非常に面白いところでした。


~堺市博物館の見どころ(一部)

・仁徳天皇陵古墳(大山古墳)発掘調査 写真展示

・常設展「堺 -仁徳陵と自由都市-」

・常設展示「堺と鉄砲」

・近世瀬戸内海航路図の世界

・陶邑窯跡群から出土した須恵器


古墳や須恵器の話は別として、

織田信長の時代は自治都市の堺がものすごく力を持っていて

ここ(=堺)をおさえたことで

織田信長が天下統一の寸前まで行くことができたという

その裏付けを、この博物館で実際に確認することができたのは

わたし的には感動モノでございました(私は歴女ではありませんが)


中学受験を控えているお子様をお持ちで

関西在住にお住まいの方ならば

歴史分野で点をとるために非常に為になる博物館だと思います。

もっと認知されてもいいと思うんですよね。


ちなみに仁徳天皇陵は外側からしか見ることができません。

ただ、このへんをタクシーで通り過ぎた時に

コレ以外の多くの古墳を目にし、

この土地の歴史の深さに感慨を覚えました。


今朝起きてネットニュースをみたら

仁徳天皇陵古墳やその周辺の古墳群が

世界遺産となることを知り、ポポ子に伝えたところ・・


ポポ子
「へ~行っておいて良かったね~」


最後に2020年中学受験を控えている保護者の方へ。

社会の時事問題は概して配点が高いので

優先順位を上げておさえておくことが肝要です。


そして夏までに起こったことがそのシーズンの中受の時事に入るので

仁徳天皇陵古墳などの百舌鳥古墳群はドストライクと言えましょう。


時事問題は単独ではなく、歴史と地理の複合問題として

出題される傾向があります。


それを踏まえ

古墳時代の文化はもちろん(土師器・須恵器など)

堺という土地に関連する部分へもアンテナを張りましょう。

ちなみにポポ子のP中入試は

世界遺産がドストライクでした

(もちろんいただきました)


(2020年中学受験社会、頻出テーマ、勝手に予想。)

・大山古墳とその位置、埴輪、土師器・須恵器

・千利休と豊臣秀吉の情報

・鉄砲伝来に関する情報すべて
(年号、種子島の位置、ポルトガルの場所・・)

・足利義昭と織田信長の関係


時事は秋ごろに最新版がでるので、その時に入手しましょう。



随時更新される情報です

中受が終わったらすぐ英語

スポンサーリンク