中学受験終了して小学校に戻ってみた光景


スポンサーリンク


去年の今頃のお話です。
中学受験の教材を一掃したいとお思いのお母さま方。
コアプラス理科、社会、は取っておくことをお勧めします・・


2月の上旬は中学受験のピークと言われていて、

受験率の多いエリアでは生徒が来ないことで

給食が大量に余るようです。


授業は進まなくてはならないため

子供が欠席している家庭向けに、宿題などが出されていました。

そこで受験が終了するや否や、ポポ子がやらなければならなかったことは

・図工の工作(将来の夢を紙粘土と針金で創作する)

・算数とかのプリント(大量にあった)

上記のものを週末に速攻で仕上げ、

週末明けに10日ぶりに登校したポポ子。


~その日の夕方~

プリ子
「ポポ子おかえり~。みんな学校来てた?」

ポポ子
「十何人休んでいたよ。。
JさんもMくんも冬休み明けから全然来てないって」


え!? そうなの?

私はその時まで一般的な

そのエリアの受験スタイルを知らなかったのかも知れない。


ポポ子は1月の前受校を除くと2校しか受けておらず、

初日が第一志望校でその日に結果が出たため、

早く終了したケースだけど、

普通は、抑え校、チャレンジ校、実力相応校など、

偏差値別に分けて、

少しでも上の学校に行くチャンスをつかもうとするらしい・・

プリ子
「で・・ポポ子よ。あなたと同じP中学に行きそうな子はいた?」

ポポ子
「YちゃんはP中に行くって。
あとTちゃんも。でAちゃんは公立中高一貫が落ちたら
P中だって。それ以外はわかんない。
先生が聞いちゃダメって言ってた。」


結局、このクラスが全員そろったのは2月8日(金)だったらしい。

入試をこなした直後に制服採寸などあり、

その予定で休んだのもあるらしい。

ちなみに私が目をつけていた(?)

クラスでいちばん賢い女の子(もちろんSAPIX)は

1月は全休、復帰するのも最も遅かったらしい。。


スポンサーリンク


嵐の後は、大量のテキストの処分が待っていた。

1月の直前期に徐々に処分していったものの

大量にあるため、売れるものとゴミを分類して

売れるものはブックオフオンラインに引き取ってもらい、

大量のゴミは紐でくくって何回もゴミ置き場を往復した。


理科と社会のまとめノート(ママ塾オリジナル)と

資料や、学習マンガは中学の範囲と被るため

そのまま残すこととした。


ちなみにごみ処分した中で最も破壊度が激しかったのは


であります。多分ポポ子よりも私の方が勉強したと思う・・・


その他、やり方がよく分からなかったのが、

指定の公立中学進学の取り消し書類を役所に提出すること

だった。「入学許可書」に相当するものがよく分からなかったので

入学金払い済み書みたいなのをプリントアウトして役所に行ったところ

「それじゃダメです~」と言われたが、

後にP中の召集日にそれらしき書類をもらったので

それを送付することで対処した。


全てが終了し、冷静になったアタマで考えてみた。

ポポ子の小学校の「始めから公立中に行く」子供は

こんなバタバタしている小学校の小6の期間を

どのような思いで過ごすのだろうか?


この小学校に限って言えば、公立中進学組の子供は

ものすごくしっかりしていて精神年齢が高い子供が多い

という特徴がある。


このエリアは公立中の内申点問題がすさまじいため

要領が良く、たくましい子供でないと

まともな公立高校を受験するチャンスすらないため、

自然と「内申点強者」が公立中に行く、

というルートが形成されているように感じている。


将来的に、社会に適応できる大人になるのは

公立中で内申点という

社会そのものの評価を受けた子供たちの方なのかもしれない。


中学いっても使うため手元に残した本類
(見慣れているから探し易いというのもある)

(まだまだ大量にあります・・)

算数、国語は処分しました。
3千円位になりました。
ブックオフオンライン



随時更新される情報です

中学受験入試速報。傾向をつかむなら是非。

過去記事:来年以降の方がたに捧げる、狂気の母ファイナルシリーズ



にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク