偏差値よりも大事なポイント【別学か?共学か?】共学志望だったのに男子校に行った子のその後。


スポンサーリンク


ポポ子の同級生のI君の話をします。


中学受験で早期対応したためS塾に在籍していましたので

成績はもちろんクラスの中学受験組では上位。


非常にませていて口が達者な子。

いつも周りを巻き込んでクラスでは王様のようなポジション。

担任の先生には【癖のある子】として認識されていたようでしたが・・


彼の当時の志望校は超難関のS校。

立地良し。進学実績良し。そして何よりも共学です。


I君は自分大好き人間。

「俺ってこんなに凄いんだぜ~」


とアピールして、周りの女子にちやほやされることを

日々のパワーとして生きてるような子でした。


さらにI君は自信家なので

S中に受かった後の話をよくしていました。


S中は中学受験生の間でも大人気で

プライドの高いI君の虚栄心を満たすのにも

最適な学校だったのです。


~中学受験が終了しました~

残念ながら、彼はS中に入れませんでした。

しかしながら優秀なので、某御三家には引っ掛かり

進学することになりました。


進学実績はS中と負けず劣らずの名門校です。

保護者の評判が大変よい学校で

心配症のお母さまも大喜びでした。

ですが・・子の心、親知らず。

I君は浮かない顔。

そこは不本意にも男子校だったのです。

スポンサーリンク

入学してから賢いI君はこの

「男子ばっかりの6年間」

における自分の運命を知ることとなりました・・


どんなに頑張たことをしても
チヤホヤor ツッコミしてくれる女子がいない・・

彼はもともと他の男子よりも「かまってちゃん」なのでしょう・・・


他の学校に進んだ男子の行動が気になるようで、

「何?それ?誰と行ったの?彼女?」

と食いつきがすごくなってきたのです。


地元の公立中学の男子と話をするのも

だんだんときつくなってきたようです。


その辺のクラスにいる女子の話で

公立中学の男子にとっては日常なのでしょうが
男子校にいったI君にとっては絶対にありえない話。


その結果、

益々ゲームという2次元(もしくは3,4次元)
の世界にのめり込んで現実を忘れるI君。


ただ・・このままでは男子特有の「こじらせ男子」

になることは分かっているようで、

女子トークの勘を鈍らせないよう
(女子がいる)小友のグループラインは
積極参加する賢さは健在のようです。


このI君は色々なものをひっくるめて

明らかに

共学向けの子だったようです。

男子にしては口が達者で、
女子との会話が得意だった感じだったので。。

その心に気がついていないI君ママ。

勉強の邪魔になるとのことで

ゲーム禁止令を打ち出しているようです。

男子校の方が煩わしい女子がいなくて
勉強に打ち込めていいわ。


と思っているママさんは多いとは思います。

ただ・・I君に関しては

女子を適当に周りに侍らせた方が

脳内快楽物資エンドルフィンが分泌され
日々の生活にハリが出て頑張れるタイプ。

もちろん、これはI君のある種のキャラクターと

コミュ力による部分が大きいと思いますが・・


ここで小6受験生ママに一言。

併願校選択でバタバタしてて

ついついS塾特有の「偏差値」で学校選びをしてしまいがちの

この時期ですが・・・


男子校6年間というのは本当に極端な世界ですので

今一度「男子校」という独特の世界に入ってよいのか?
お子様にご確認することを強くオススメいたします。。

女子不要ならこっち
共学ならこっち

「中学受験をわらう」
魔獣君には共学をオススメするわ

過去記事:
中学受験関係のお話です。

にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~


スポンサーリンク