私だったら【こんな学校は絶対に選ばないフラグ】が立つ5つの条件とは?


スポンサーリンク



大学は肩書きで。中学は中身で選ぶ。


日本社会でやっていきたいと思うなら

大学はそもそも社会で格付けされている存在のため

純粋な心は捨て、肩書きで選ばないと何だかんだいって

学歴コンプレックスに身も心も縛られることになります。


ですが・・中高一貫の学校に関してはどうなのか?

中学受験ブログを見ると

「ブランド」に縛られている人が多い

ということに気付かされます。


私はポポ子の中高一貫校を選ぶ時

一番重視した点は

「どこに入れたら一番成長出来るだろうか?」

という点でした。

ですので、中学選びは実質重視。

以下はポポ子じゃなくもし自分が小学生に戻れるならば

以下の条件を外し(消去法で)学校を選ぶと思います。

この視点は現在ポポ子の小学校の同級生たちの

入学後の感想をかなり反映したものになります。



【こんな学校は絶対に選ばないフラグが立つもの】


1.通学の困難さ:乗り換え2回以上、 片道1時間以上、ラッシュがひどい

サピックス軍団は、本当に遠方にいかないと

超進学校(高校偏差値換算で75超)がないため

上記の通学困難さを日常のものとしています。

もちろん、それだけの価値はあると思いますが・・・


たださ・・私とかはその出口を実際に経験した人で、

自分より格下の学校出身の子と同じ大学だったからさ。


高校2,3年になると通学負担が大学受験勉強に直結することを

どれだけ真剣に考えている親御さんがいるのかな・・・?

といつも思います。



2.制服がダサい

私の出身学校の制服はひどいものでした。

「制服がかわいい」で選ぶことはないですが、

「制服がダサい」と絶対に外します。

ちなみにポポ子の学校の制服は

コーディネートによってはものすごく可愛くなるので

毎回うっとりしながら送り出しています。



3.校則が厳しすぎる

ポポ子の小学校から多数の私立中に行ってます。

結構みんな、学校が被っているパターンもあります。

「学校超楽しい~」って言ってる子は、

同中学進学の子も同じことを言います。


ですが・・進学早々に不満をぶちまけている子もちらほら・・

たいていは女子で、それらの学校に共通するのが

保守的で校則が厳し過ぎる学校

ビックリするような厳しい校則が存在します。

学校と生徒との信頼関係が薄いと校則が厳しくなる傾向が・・

(超進学校で校則が厳しすぎる、という話は聞かない)


学校生活を満喫するのにそういううるさい雰囲気そのものが

水をさすことになるんですよね~

「アットホームな雰囲気」という文言で選ぶと

思わぬことになる傾向が見られます。


スポンサーリンク

 
4.附属小学校がある

個人的に附属小学校がある学校は好きではありません。

中学受験で入った立場から、自分自身を磨くにあたって

彼らから得るものがどうしても見つからないからです。

(寄付金とか経済面は別)

中には優秀な子もいるのでしょうが、

その割合と比較するならば

中学受験を経てきた人の方が上でしょうし・・


それに対して帰国子女(かなりの英語力がある場合)ならば

自身の英語力の底上げの参考になります


5.ど田舎にある。

私は立地で学校を選んで来た人です。

そのことだけは絶対に良かったと思っています。



TEAPそろそろ見といた方がいいかも



皆さまが実践している効率的な勉強法など
が記載されたブログ記事です。



過去記事:
【得する人損する人のサイゲン大介】のカルボラーナを再現してみた手前味噌ならぬ【手前餃子!】と言わしめた【餃子を抜群に美味しくするためのコツ】とは?

にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク