私立中学の定期テスト【苦手な数学を学年1位にした方法】とは?


スポンサーリンク


私立中学1年生のポポ子。

先日の期末テストで数学、学年1位を取りました。

とにかく苦手な数学なので、少しずつ上げて行けばよいと思ったのですが

まさかの快進撃・・・

ただ、思い返せばやる事やってましたので

参考までに数学学年1位になった要因を共有させていただきます。


勝因1)数学とテスト範囲だけに時間をかけたこと


前回の数学学年順位→上位30%
今回の数学テストに賭けた時間130時間
やったこと→テスト範囲のみ

当たり前過ぎることをやりました。

今回は代数だったので、幾何と比べて

今後の数学へ道に多大に影響すると思い、

捨て身で時間をかけました。



勝因2)全て細かいママチェックの対象とした

ポポ子のこれまでのテスト結果の傾向として

プリ子が細かくレビューした分野については

非常に成績がよく

プリ子がノーチェックの分野は

かなり外す傾向があります。

今回は代数の計算力、文章題の応用力が

試されるものだったので

プリ子が一問一答、

一から丁寧な立式までのポイントや

その後、絶対にミスしない式の展開の仕方(コツ)

を伝授しました。


問題集だけ与えて子供に勝手にやれ

の方式では成績なんて上がりません(少なくともポポ子には)


スポンサーリンク

 
勝因3)実力を点に結びつける戦略を考えたこと

いくら数学に時間を集中したとはいっても

今回は科目数が多く、

やはり直前の2週間は他の科目に回す必要がありました。

以下、直前期にやった数学への取り組みについて


1.ポポ子の苦手な負荷のかかる計算を選択して
毎日解かせた

2.応用問題は取っ掛かりだけを本人に説明させるか
立式だけやらせた

3.問題の問いかけが特殊なものは
一問だけ解かせた

4.間違えた問題は、
自分の作った式の中から修正させた


前提条件として、うちでは全て問題集は書き込みをせず

コピーしてその中で解かせるようにしてます。

ただ、問題集の番号のとこだけは


で出来なかった部分をマークしてます。

そして再度やった時に間違えたものは違う色でマーク。

色がたくさんついているものはポポ子の苦手なところ

ということに。

こうすることで何をやらせれば良いか選ぶ目安になります。


高い計算力が試される箇所と

応用問題など、立式までが難しいところは

完全に分けてやらないと、時間がいくらあっても足りません。


3)に関しては、範囲が膨大だと

問われる方式がたくさんあって忘れてしまうので

直前期にリマインド目的でやらせました。

4)に関しては非常に重要です。

計算の処理力向上に関しては、自分の立式の間違いを

自ら正せるやり方が一番効果があります。

一から解きなおすのでなく、

自分の展開した式の中で、チェックするのが

ポイントなのです。


さらにこのチェックの仕方は当日のテストの見直しに

非常に効果があります。

(今回は実際にこの方法でテスト見直し中に

間違いに気が付いたらしい)


以上が、ポポ子の数学力を底上げするのに

プリ子が手掛けたことでした。

数学、英語は長期休暇を利用してやることを

オススメいたします。

昨日これ楽天で買いました。
中学受験界では超有名なシリーズですが
中学生向けのもありました~(先生も同じ)

これはまだ買ってません。
塾技はポイントが1ページに集約されていて
とにかく見やすいので多分買うと思います

「中学受験をわらう」
深海魚について読むと
中学スタートダッシュの重要性
を実感せざるを得ない・・

投資・節約のワザが豊富です。

随時更新される

過去記事:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~


スポンサーリンク