【アレルギー体質の子供の育児は大変!】実際に効果があると感じた「薬&食品」についてまとめました。


スポンサーリンク


赤ちゃんの時に子供が重度のアレルギー体質だとわかり、

その時初めて、父親側の遺伝子の影響の強さを実感しました。

(主人もアレルギー体質)


それ以来、その手の問題の影響や、

そこから派生する問題に対してかなりの手間とお金をかけてきました。


以下は、ポポ子のアレルギーや、それに派生する問題に対して

ある程度効果がある、と思ったものをまとめたものです。



1、乳酸菌(特にラブレ)

ポポ子は1歳までひどいアトピーでした。

かきむしると余計にひどくなるので、手袋をつけたり

したのを思い出します。

夜中にかゆくて掻き毟ろうとする姿を見ると

こちらも神経がおかしくなりそうでした。

よくガンの診断をされて怪しい健康食品や民間療法にハマる人がいますが、

私はその気持ちが分かる気がします。

カルピスの商品で「乳酸菌がアレルギーに効く!」

というのを見て購入したこともありましたが、

残念ながら、ポポ子には全く効かなかったのでした。


もちろん病院には診せていましたが、ヒルロイドや

そこにステロイド剤を少々配合したものを出されるだけでした。


2歳の誕生日を過ぎたころ、アレルギー対策ジプシー状態だった私は


をポポ子に飲ませるようにしました。


味を気に入ったポポ子が好むので、冷蔵庫に常においてある状態で

飲ませていたところ・・

ふと気がついたら・・

ポポ子の肌がキレイになっていた。。


以前との習慣での違いは、カゴメ 植物性乳酸菌 ラブレ

を飲ませていたか否か、の違い。


アレルギーが腸内環境と関係が強いと知ったのもちょうどその時でした。


以来、私が カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ の信者になったのは言うまでもありません。


乳酸菌関係は色々あるようで、人によって効果があるものとないものがあるらしいですが、

ポポ子の肌のアトピー性皮膚炎にはとにかく ラブレが効きました。


以来現在に至るまで、乳酸菌関係には敏感で、

ラブレのみならず、乳酸菌関係のヨーグルトを食べるように促しています。

(乳酸菌は夜食べるとよいらしいです)




2.レンコン

レンコンはアレルギー体質に効果があるというのは随分と知られているようなので

今さら感はありますが

私の中ではレンコンはもはや、

「天然の抗ヒスタミン」という位置付けです。



ひき肉料理に混ぜ込んだり、咳止めとして

はちみつと一緒に溶かして飲ませたり。




これだけだと定期的に取り入れらないので、


飲ませるようにしたり・・

IMG_20181019_104330 - コピー.jpg

親バカというヤツでしょうが、

バカになんないとたどり着けない境地もあったりします。


スポンサーリンク


3.アレロック(処方薬)


花粉症で病院から処方されるもので一番強いとされるのが

アレロックですが、これはさすがに効果を実感できます。


現在秋の花粉症の症状がでる季節ですが、これを飲み始めて落ち着いたので

やっぱり西洋医学様様です。


これをメインに、対処療法として食べるものを気をつけたり

アレルゲンの除去(掃除とか)に気をつける、というのが

一番オーソドックスだと思っています。


4.鼻うがい

うちの子供のアレルギー体質で最も顕著な症状は慢性鼻炎です。

色々と試しましたが、

アレルゲンを水で洗い流し、鼻を清潔にたもつ


が手っ取り早く、鼻をスッキリさせる道具として

かなり重宝しています。

値段が高い割に、すぐ使い切ってしまうのが難です。。。

(でも買っていますが)


以上が、ウチの子供には効果があった、アレルギー対策の一例です。

(これ以外にも健康茶とか色々やっていますが・・)

私がアレルギーを知らないだけに、

かなり過敏に反応しているだけなのかもしれません・・・



ドリンクと同じ効果なのかしら




アレルギーの子供のため
西洋医学も東洋医学もどっちも取り入れてます。


風邪ひきさんお大事に


英語の勉強法の記事が多いので
あらたにトラコミュ作りました。


にほんブログ村
「最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 貴方様の応援ポチはがっちりと私の記事更新の励みになっております 〜〜(^O^)/(喜びの舞などを)

にほんブログ村 アリャリャ~\(^o\)
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

節約・貯蓄 ブログランキングへ (/o^)/ コリャリャ~

スポンサーリンク